So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

当面の間、出品を中断します。

仕事の都合でグッピー飼育を一時中断しましたので、当面の間、オークションへの出品をすることが出来ません。
今まで落札いただいた方をはじめ、このブログを見に来ていただいた多くの方々へ御礼申し上げます。
再開できる日がいつになるか分かりませんが、また必ず戻ってきますので、それまでの間、しばらくお待ち下さい。
トラックバック(0) 

2012年8月4日出品個体説明 [オークション]

今回は思い切って、ノーマル系統とリボン系統の同時出品になります。
以下説明をご参考に、ご検討のほど宜しくお願い致します。

1.ノーマル系統について
コンテストで優勝させて頂いた系統の直系F1個体になります。
私の目では優勝魚よりも更にレベルが高いと確信しています。同腹個体はどの個体も甲乙付けがたい優良個体で、選別もまだしていません。私が育ててきたドイツのなかでも最高峰レベルのお墨付きです。

_MG_7345.jpg

2.リボン系統について
こちらも私の自慢の系統で、今回出品のリボンオスはかなり上出来の部類に入ると思います。
ただし、系統としてメスが多産系ではないため、初心者の方にはあまりおススメ出来ません。
私も仔を確保するのに四苦八苦する系統ですので、上級者の方におススメ致します。
うまく繋ぐことが出来れば、かなりご満足頂ける系統であることは間違いありません。

_MG_7319.jpg
_MG_7360.jpg
トラックバック(0) 

2012年7月22日出品個体説明 [オークション]

今回の出品は珍しく、雌のみでの出品となります。(本当に雌しかお送りしませんよ!)
ドイツイエロータキシードのレベルアップには、どれだけ良い雌を入手出来るかにかかっているといっても過言ではありません。ご存知のように雄の尾鰭は、雌の尾鰭から受ける影響が大きいことがその要因のひとつです。

私も昔、良い雌を入手するのに躍起になって探していた記憶があります。
雌選びのポイントは挙げればキリがありませんが、ご参考までに私の場合のチェックポイントをいくつか。

1.トータルバランス。
  ひとことでいうとこれに尽きますが、これがなかなか難しいです。
  このトータルバランスが分かっているようで、分かっていないことが多いです。
  ひとつだけ、その見方をご紹介。
  身体の中心を通る背骨(名称が適当です)の延長線上に口先があるのが理想です。
  よくあるのは、延長線よりもかなり下に口先があるケースです。産仔経験が豊富な個体であれば
  仕方ありませんが、若魚のうちからそのようなものはおススメできません。

2.尾鰭の厚み
  ドイツイエロータキシードは、気をつけていないと尾鰭が薄くなっていく傾向にあります。
  厚みの見分け方には色々とあるようですが、また今度。

3.尾鰭の形状
  雌が丸尾だからといって雄がデルタ尾にならないとも限らないので、難しいところです。
  やはり、一番簡単なのは同腹の雄の尾鰭を見ることでしょう。よく、雌のみでの販売をする時に
  同腹の雄画像を載せないで販売している場合がありますが、あまりおススメ出来ません。
  (あくまでも私見です)

今回出品の雌は、かなり良い雌です。
同腹の雄個体をご覧頂ければ、その良さはお分かり頂けると思います。
しかし、基本はお手元の雄との相性で大きく変りますので、結果は私にも分かりません。
もしかすると掛かっている可能性もありますので、まずは1ヶ月程度は出品魚単独で様子を見るのもいいかもしれませんね。

出品魚
_MG_7116.jpg

私が種親として残した雌
_MG_7135.jpg
トラックバック(0) 

2012年7月16日出品個体説明 [オークション]

※今回の出品は出品日当日に即決価格での落札を頂きました。ありがとうございました。

今回の出品は、ノーマル雄1匹とリボン処女雌1匹の合計2匹です。
この2匹は別腹ですが、同系統リボンの兄弟になります。
リボンの雄を入れて、トリオでの出品でも良かったのですが、落札価格が高額になると、こちらとしても管理に気を使い過ぎて疲れるので、敢えて2匹、しかも即決価格を12,000円に設定してみました。

なかなか一筋縄ではいかない、難しい系統ですが、当たりが出ればかなりのレベルが望める組み合わせかと思います。はずれだったらごめんなさい。^^;

即決価格で落札して頂いた場合は、何かこちらで選んでおまけをお付けします。
なにぶん、発泡スチロールの箱が80cmサイズなので、2匹だけでは隙間が。。。。(笑)
即決が絶対にお得ですよ~♪

_MG_7067.jpg

トラックバック(0) 

2012年6月16日出品個体説明 [オークション]

前回のシャープな個体もかっこ良かったと勝手に思っていますが、今回の個体は、多分ですが、ピークに大爆発してくれるであろう個体です。もちろん、リボンのオス個体の話しです。

オークション上の説明では、「大器晩成型」と書かせて頂きましたが、まさにその通りとなれば、かなりハイレベルなリボンオスの泳ぐ姿が見られるかもしれません。
グッピーを選別する上で、早熟型は処分対象だということはご存知かと思います。4.5ヶ月といえば、通常は成魚とほぼ同じ発色で問題ないかと思いますが、コンテストで上位を狙うような大型な個体を目指す個体は、4.5ヶ月でもまだ眠れる獅子である必要があります。ただし、この見極めは難しく、眠れる獅子だと思っていたら、単なる子猫ちゃんだったなんてことも。。。。そこがまた面白いのですけどね!

_MG_6842_sh01.jpg
_MG_6856.jpg

完成予想図 (さてどうでしょうか?もしかするとこれよりも上!?)
IMG_5776.jpg
トラックバック(0) 

2012年6月10日出品個体説明 [オークション]

出品がご無沙汰してしまいました。
なんだかここのところ、週末に色々と予定が入り、オークション出品まで手が回りませんでした。^^;
いつもアクセスいただいている方、大変申し訳ありませんでした。

さて、本日出品のリボンですが、通常ブログの方で前回ご紹介した個体です。
実はフェイスブック内の非公開グッピーサークル(メンバーは世界各国のブリーダー600人以上!)の方でも、この個体を紹介したのですが、予想以上の反響をいただき、嘘かホントか、マレーシアのブリーダーに自国のコンテストに出品しないか?とのお誘いまで受けちゃいました。^^
もちろん、私には海外まで発送するノウハウがないので、お断りしましたが。

まだ4ヶ月の個体なので、もっと大きくなるはずです。この系統はピークが7~8ヶ月までひっぱれるので。
ご入札をお待ちしております。^^

_MG_6774.jpg
トラックバック(0) 

御礼 [その他]

毎回、ヤフオク出品の度に沢山のアクセスと入札を頂き、本当にありがとうございます。
特に前回は、観賞魚フェア優勝の影響もあり、大変高い評価を頂きましたことを感謝致します。

いつも、グッピー梱包し、落札頂いた方の手元に届き、取引連絡で感想を頂くまでは緊張しっ放しです。
前回の出品で単独での出品(以前はEGAで出品)は15回となりますが、いずれも取引評価では過分なお言葉を頂きとても嬉しい限りです。
さすがに落札額が3万円を越えると、落札者の方の期待度も相当なものでしょうから、こちらの緊張度も並大抵ではありません。しかし、今回も「最高の品質」というお褒めのお言葉を頂き、本当にホッとしています。

また、かなりの高額で入札を頂いたにもかかわらず、落札出来なかった方、本当に申し訳ございません。
少しでも良い個体を極力お譲り出来るように、一生懸命ブリードしておりますが、所詮水槽は20本しかなく、そのなかで出品できる個体には限りがあります。

引き続き良質のドイツイエロータキシードがお届け出来る様に頑張って参りますので、期待せずにお待ち下さい。^^
トラックバック(0) 

2012年4月21日出品個体説明 [オークション]

今回の個体は、画像で十分その美しさが伝わるのではないでしょうか?^^サイズはコンテストサイズとまでは言えませんが、トータルバランスはピカイチの仕上がりかと思います。尾鰭のエッジもここまで綺麗にきまる個体は、私の管理している個体のなかでもかなりレアな個体です。

ご入札をご検討いただける方は、以下ご注意点をよくご確認下さい。

☆雄は画像の個体含め3匹をお送り致しますが、画像個体以外の2匹は尾鰭に多少の痛みがあります。また、画像個体の尾鰭は、現在痛みは全くありませんが、もし痛みが出ても代替個体はいませんので画像個体をそのまま送りますことをご容赦下さい。

☆雌は同系統別胎ですので、次代の表現は現状の雄とはタイプが変る可能性があります。しかし、雌の尾鰭の発色や厚み、シミのない表現に期待して、今回出品する雄と交配させ、既に産仔経験があります。よって、3週間後ぐらいには仔が採れるかと思います。生き物ですので確実とは言えませんが。

観賞魚フェアで優勝させていただいた感謝の意味も込めまして、今回は1円スタートとしております。
ちなみに出品魚の雄は、優勝個体と同系統の別胎になります。
ご検討の程、宜しくお願い致します。

_MG_6435.jpg

2012年4月1日出品個体説明 [オークション]

今回の個体は、良いですよ~♪
オークションの説明でも書きましたが、1腹(40ペアぐらい)の個体群から選別していって勝ち残った3ペアのなかの1ペアを思い切って出品しましたので!

コンテストに出品しても恥ずかしくはないレベルだとは思いますし、なかなか入手困難なレベルかと自負しています。^^

まずは、出品個体の画像を2枚。
p.jpgu.jpg

そして、お譲りは出来ませんが、残る2ペアのうちの雄をアップしておきます。
最近は、ハイドーサルが流行していますが、私は個人的にはバランス重視なので、ノーマルタイプが好きです。
ハイドーサルも好きですが。(笑)
g.jpg

より良いドイツイエロータキシードをお譲りできるように、引き続き頑張ります。

トラックバック(0) 

2012年3月25日出品個体説明 [オークション]

ちょっとフライング気味ですが、25日に出品する予定の個体説明です。^^

オークションの2枚目画像の個体の尾鰭ですが、ちょっと短いように見えますが、フワッと手前に揺らいでいるので見間違いのないようにwww
色合いから判断できると思いますが、尾鰭の厚みもあって良い感じの良個体だと思います。

メイン画像の雄の方も個人的には好きなタイプの仕上がりです。
結構、綺麗じゃないですか?^^

_MG_6261.jpg

ドイツイエロータキシードがお好きな方に、より良い個体がお届け出来る様に引き続き頑張ります。
トラックバック(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。